データ分析コーナーの使い方⑤

〜直感と分析の狭間で〜

 衝撃の「34万馬券1点目的中」はどのようにして生まれたのか?

 その生々しいプロセスを公開

(11月12・13日の前半部分からの抜粋)



編:いや〜、34万本線的中。とんでもないですね〜。すっかり腰が抜けちゃいましたよ・・・。

今:豪快だったね(笑)。

編:えっと土曜の勝負レース三鷹特別349100円、ズバリ本線的中でした・・・。1着が本命、2着が対抗の馬、これだけでも馬単1点目で19470円の万馬券的中ですから美味しかったですが・・・。3着が68点の同点2頭で当日人気がなかった方ですから買い目ルール上3番手評価となった10番人気オートクレールでした。つまり当日1位-2位-3位の予想順の決着で349100円、ずばり1点目での的中でした〜。もちろん、単勝1710円、ワイド2590円、3連複57970円も全て1点目、完全的中となりましたよ。いや〜、すっかり参りました・・・。

今:3連複の500倍も美味しかったよね。まぁ、68点のもう1頭も7番人気で似た感じで人気なくて、プログラムで想定オッズの順で前日自動的に並び替えている順ではこっちが先だったから同じように買った人も多いだろうけど、2,3点目くらいでは少なくとも3400倍当てたろうから、みんなかなり喜んだんじゃないかな。当日同点なら人気の無い方が上位というルールだと、確率的には人気の方が来やすいけどね。例えば去年のエリザベス女王杯とかも68点同点で人気の方が3着だったから1点目で3連単235倍的中ではなく3点目の的中になったりとか、逆効果のことが多いんで、人気馬が上位のルールの方が良いんじゃないですか?ってよく言われるけどね(笑)。個々人の判断で別に良いけど、同じ評価なら当然当日人気のないほうがトータルでは美味しいわけだから、長い目で見たらやっぱり正式ルールの方が良いはずだよ。

編:普通、◎▲△とか○◎▲とかで3連単10万馬券的中!とかしちゃいますが、今井さんの場合は普通の印で表記したら、◎○▲とか◎○△みたいな感じでズバッと来ますからね〜。しかも今回は34万とは・・・。

今:まぁ良かったよ、みんなが期待しているだろう勝負レースで30万馬券が当たって。午後に面白いレースがないと、どうしても準勝負レースで美味しいの的中ってことになっちゃうからね。今回の予想では上位4頭まで3番人気以内の馬がいなかったろう?こういうときは仮に本命が来なくても荒れる可能性自体が高いレースってことだから、単勝爆弾も面白いよ。いずれにしてもみんなが喜んでくれるのが、予想してて一番嬉しいから、勝負レースで良かったよ。

編:喜ぶとかの域を超えている感じですが、この30万馬券は所謂直感でぱっと来たんですか?天皇賞の時と同じ質問になっちゃいますが気になるもので(笑)。菊花賞のレインボーラインのときみたいに直感で?それともヴィブロスみたいな時間掛けてひねり出したやつでした?

今:6番人気のカシノピカチュウと、10番人気のオートクレールは新聞見たらすぐ「これ美味しいの来たな」って分かった。穴ってのは見てすぐ分かるレベルがやっぱり多いからね。

編:対抗のアイファープリティは違うんですか?これはそこそこ人気でしたが?

今:これは新聞見た瞬間は、「要らない」って思ったよ。

編:またどうして?

今:前走、2走前追い込みから突如逃げの位置取りショックで勝ってるからね。こんなの普通即切りだよ。ショックの反動があるかもしれないし、昇級のフルゲートで前走と同じように楽に逃げられるかなんて分からないし、穴人気だし、期待値低すぎだ。

編:ではなぜ対抗に?

今:よく新聞見てみると、18頭立てなのにそんなに他に先行馬がいなかったのが一つめ。でもそれでいきなり対抗はないよ。

編:他には?

今:よく戦績見てみると、過去に好走しているときは差している馬なんだよね。しかも内枠の短縮で。これは昇級のペースアップで揉まれても大丈夫だ。そしたら、よく読むと、陣営は「差しても大丈夫」ってコメントだ。ということは、ここは相手強化では理想的とされる差しに回る位置取りショックもある。といっても、まさか逃げて勝った直後の先行馬のいないレースで後方もないだろうから、自然に前目で矯める競馬だろう。これなら、むしろちょうど良い位置取りショックになる。そうなれば、今回昇級戦という鮮度も俄然有利に働く。特に揉まれたときの対応でね。

編:それで「矯めて乗れば」というコメントだったんですね。

今:うん。そしたら逃げなかったからね。で、ペースも速くなく、かといって遅すぎもなく、気分良く走って2着だった。

編:では本命のカシノピカチュウは?

今:これはC系だろう?短縮でフルゲートなんて大好きだよ。土曜は湿った馬場が想定されて、摩擦が増えるのも短縮だけに有り難い。あとは松岡だね。前走松岡への乗り替わりで積極的に動いて久しぶりに好走。1400mの緩い流れなら短縮でも行こうと思えば好位を取れる馬で、また松岡だからね。前走の成功体験があるだけに、ここも必ず好位を取る。もともと積極的に乗るジョッキーだしね。そうなれば集中力と短縮が存分に活きて来るだろう。

編:では10番人気のオートクレールは、またなんで?

今:これも見た瞬間だったよ。2走前が1500mで、前走が1200m。今回が1400m。理想的なバウンド延長。2走前が札幌1500mというのもS質の刺激を加えて秀逸。2走前に先行して、短縮で前走後ろに回ったのも、今回延長で自然に前に行くだろうから、これはなんとも美味しい。血統的にも湿った馬場の延長1400mは合うだろう。直感では本命まであるよ。だけどここで人間の弱さが出た。最内枠だと雨で内が荒れて伸びないタイプの馬場ならどこにもいない、終わりだよな〜ってね。あと、小さい馬の久しぶりの東京輸送でテンション上がって入れ込んでたら体力消耗して無理だよなって。みんなMの法則と関係ない、細かい話なんだけどね。それならリスクの少ないカシノピカチュウにしよう。対抗も中枠のアイファープリティで、中が有利ならこの1点で決まるだろうし、仮に内が有利でもこの枠で先行馬なら内にも入れるから無難だってね。今回はその躊躇に逆に助けられたわけだけど。もちろん、本質的な力が1,2着馬の方が上かなってのもあったけどね。で、外が伸び始めるタイプの道悪ならバウンド短縮で道悪の適性も高くて外目の枠の人気薄トーセンラークだよなってことになる。本当はトーセンラークなんて駄目だって見た瞬間から直感は言ってるけど、ショックが良いしノリちゃんだしね。そこで直感で本命か対抗だったオートクレールは、いつの間にかトーセンラークと同点になったわけだ。当日オートクレールの方が人気なかったお陰で3番手ってことで良かったけどね。その弱さがさらに加速してしまえば、6番手くらいに評価落として、6点目とかの寂しい30万馬券的中の報告をするところだったよ。そこででも68点で踏みとどまったのが、逃げずに戦ってきたということの、その意味なんだと思うよ。そこまでは逃げられない。そうじゃなくちゃ、美しくはないからね。予想が美しくないということは、どこかにあってはいけない破れ、破綻があるということだから、少なくとも大穴はなかなか当たらないよ。予想としての体をなしてないからね。で、当日は大幅な馬体重の増減もなく、内も残るタイプの馬場で、無事3着に来たわけだ。

編:なんでトーセンラークは駄目って直感なんですか?

今:新聞見た瞬間には直感で切ってた。リズムが活きてないからね。こういうのは普通ここでは変わらない。そんなのは見れば経験則から考えなくても分かるよ。でも、よく見ると他に良い差し馬が全くいないレースなんだよね。だから、バウンド短縮で道悪巧者で差し馬が1頭来るならこれが来ちゃうんじゃないかって、人気薄だしその可能性に賭けても良いんじゃないかって、そう考えた。直感で切ったアイファープリティがむしろ来ると考え直した過程と比べると、全然攻めてないよね。ただ、自分を納得させるために選んでいるに過ぎないから。だからアイファープリティの方が対抗だったわけだけど、何れにせよトーセンラークは結果論でもなくミスジャッジということだね。

編:なるほど。見た瞬間にカシノピカチュウとオートクレールが分かるってのも凄いですが、そんな細かい裏話が30万馬券にもあるんですね〜。

今:それにしてもこのレースが18頭立てだったのは象徴的だよ。「競馬は多頭数になるほど読みやすい、荒れれば荒れるほど論理的に当てられる」という、Mの基本原則を体現していたからね。

編:まぁ、確かに理論的に予想しなくちゃ、18頭立てで6番人気、4番人気、10番人気の予想順通りに1,2,3着にはきませんよ、ロトじゃないんですから(笑)。

今:少頭数は騎手の思い付き通りの位置が取れるから。読みようがないけど、多頭数は取りたくても取れない位置ってあるからね、テンのダッシュ力や枠順で。特に短い距離なら極端なスローにならない限り、前に行けない馬は騎手が行こうと思っても行けるもんではない。各馬の位置取りが騎手の思いつきの範疇から離れやすいから、読みやすいのが多頭数なんで、論理的に当てやすい。そして人気薄は実力不足や体調が悪い馬が多いから、理論的に全く破綻してない、完全な予想でない限り来ない。人気馬は読みが外れても力で来ちゃうこともあるからね。先々週、やっぱり3連単の89倍を1点目で勝負レースで当てたやつも、15頭立ての多頭数だったでしょう?あれは人気だったけど。

編:確かにそうですね。そういえば、2週連続で勝負レースで3連単1点目的中になりますよ。

今:3連単や3連複が3点以内で当たってるときは天候が安定したりで馬場が読めてる状態ってことだよ。3連単は別に3,4点に絞って買うこともないんだけどね。何十点買っても、単勝や馬単の補完と考えれば、悪くはない。むしろ金額を細かく変えるなら、単複より良いことも多いけど、マークするのが大変だからね。だから50点くらい買って的中することが悪いとは別に思わないよ。当たるときは3点以内の確率が高いってだけの話だから。

編:1点目3400倍なら3400レース分ですしね。3点買いでも1000レースぶんですから(笑)。勝負レースは週6レースですから、絞るに越したことないですけど、持久戦では当たるまで大変なので、やっぱり何点も買った方が良いですかね。

今:あと、再三言うように、馬体重と天気予報が当日合ってるレースで勝負で、合ってないレースは買うにしても人気が全くない限り、適当に少額買って遊ぶくらいが良いよ。

Copyright © masahiro imai All rights reserved.